長らくお待たせいたしました。本日より営業再開いたします。長らくお待たせいたしました。本日より営業再開いたします。

おはようございます。福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。

ようやく、自宅前の側溝工事が完了いたしまして、本日よりサロン営業を始めます。ご予約をお断りしてしまったお客様、お待ちいただいていたお客様、本当にご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございませんでした。ご都合のよろしい時にまたお電話くださいませ。お詫び割引で対応させていただきます。

 

いやー、それにしても長かったです。今だから言えますが、騒音と振動、ほこりや外出制限などで少しばかり参っていました。おかげさまで車庫前も綺麗に舗装され、側溝にもグレーチングと蓋がかぶせられました。工事が延びた原因は、うちの車庫と私道の間に3~4センチ生じてしまっていた段差のためでした。何十年前にした屋根付き車庫の改築をした時に、業者の施工がうまくなく、それが今になって仇になったのです。しかし幸い、市の工事の中でその段差をなめらかにしていただくことが出来、以前よりもスムーズに車が出し入れできるようになりました。

 

本当に毎日の生活の中で、静かな環境と言うのがこんなに大切なものだなんて…、あらためてその有難さに気づかせてもらえた感じです。北陸・福井は、冬場の工事が出来ない分、他の季節に公共工事が集中します。しかしこれも雪の多い生活をできる限り快適にするための工事ともなるので、受け止めなければならないですね。しかし、ここのところの夕方豪雨のために、作業がストップしたりして、かなり遅れてしまったようですが。お天気には逆らえません。

 

私もようやくセッションができる新鮮な喜びにワクワクしております。思いのほか長くなったリフレッシュ休暇でしたが、ありあまるほど?の余力を蓄えましたので、みなさまのこころとからだの調整にまた、一役買いたいと望みます。ご予約お待ちしておりますね。今日は再び暑さがぶり返す地域もあるようですので、どうぞお気をつけて行ってらっしゃいませ。

//

ファッション誌を買いました。付録はトラベルポーチ。ファスナー全開にできます。ファッション誌を買いました。付録はトラベルポーチ。ファスナー全開にできます。

おはようございます。福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。

昨日このあたりに降ったゲリラ豪雨。すごかったです。ものの30分で道は滝のようになり、雨どいの処理が追いつかず、屋根から雨が流れ落ちて窓の景色が見えなくなるほどでした。一昨日、おとといともに夕方の雷雨は遠くに雷が聴こえたりして、雲の動きも予測できましたが、昨日はあっという間のことで在宅していたのが幸いでした。大気が不安定な時期ですね。

 

さて先週の木曜日に、秋のファッションチェックも兼ねて、デパートに行ってきました。いつも洋服を買うショップからのご案内もいただいていたので、まずはそちらへ直行しました。

 

やはり秋ですので、autumnカラーが豊富に揃っています。この時期本当にいつも着るものに困るのです。おしゃれ意欲は高まっているのですが、なにぶん洋服の配色が秋の色なので自分には映えないのです。色味的には好きなんですがね。

 

今年の夏に、プロのイメージコンサルを受講してから、色味もそうですが、服のカタチやシルエット、素材にもより注意してみる様になりました。年齢を経るごとに化繊が肌に合わなくなってきたり、首の詰まったデザインが窮屈に感じて着られなくなったりという感覚的な違和感もあります。今まではまずはサイズ重視で服選びをしていましたので、おのずと購入ショップは絞られ、テイストも統一されていました。

 

ただ先日行ってみて、再びうーーーん、となりました。何だかピンと来ないのです。「これが欲しい」と思うものがない。長年の断捨離で、かなりクロゼットはスカスカで、そろそろ新しい服を買おう‥と思っていくのですが、やっぱいいや…と手ぶらで帰ってくることも増えました。何だか自分の好みもシフトしているのを感じました。

 

あと2年で50歳。充分マダム世代なのですが、世間一般のマダム服がどうもフィットしないのは、まだまだ修行が足りないのでしょうか?…と言っても自分が心地よいと思える服が新たに見つかれば、きっとそれが私のその時のベストなのでしょう。みんな違ってていいんですものね。「若作り」する気はさらさらありませんが、実年齢と自分に違和感のないファッションをしていたいな・・と思っているところです。

 

季節は秋、ファッションだけではなく、おいしいもの、楽しいところ、ワクワクすることがまた増えますね。私は読書の秋を今年はうんと楽しみたいと思っています。本のご紹介もできたらいいなと思っています。

 

今日から本格的に二学期スタートのお子様も多いのでしょう。やれやれ‥の方、月曜日で気合もイマイチ・・の方も、まぁぼちぼち行きましょう、笑。今日もお気をつけて行ってらっしゃいませ。

//

先日出かけ先で見た空。雲が綿菓子みたいですね。先日出かけ先で見た空。雲が綿菓子みたいですね。

おはようございます。福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。

いよいよ9月に入りました。防災の日であることや満月も影響してか、地球上のどこかで大きな気象の変化が起こります。被害が少ないことを祈ります。

 

スピリチュアルを学んだ方にとっては、普通に受け入れている「すべてはひとつ」の考え方ですが、一般の方にとっては「?」ですよね。自分に起きている出来事は決して自分一人のものではなく、すべてが繋がっていて、いつでも鏡のように目の前に映し出して見せてくれる。その現象は形を違えど、同じ意味を成していること。

 

私自身が10代の頃に、人の死の無常さを痛感する体験を多くしたために、独特の死生観が出来上がってしまい、それは長いこと強固な観念となっていました。「人間、いつ死ぬかわからない。ならば悔いのないように精一杯今を生きなければ」。これは一見前向きで達観した思考のように見えますが、決してそうではありません。

 

フォーカスポイントの先には「絶望」があったからです。この視点は時に刹那的な行動や思考を産みます。私はそのせいでずいぶんとしなくてもいい遠回りな体験をしてきたと、今は思います。「すべては糧になる」とは一概に言えないこともあるのです。きれいな表現で言えば、「無駄ではないですよ」と言えますが。

 

多くの遠回り体験を経てたどりついたのは、「ニュートラル思考」でした。すべての現象には対がある。光と影、正と悪、善と偽善、陰と陽など…。その捉え方はあくまでも個人にあり、他人を介するものではないという解釈です。身近に起こる小さないざこざにフォーカスする時、どこに基準を置きますか?そしてそのポイントはどの高さあたりから?自分の背丈の目線?それとも地球を見下ろす宇宙からの視界でしょうか?そんな風に考えていくと、何だかすべて「どうでもいいこと」に視えてくるのが不思議です。どんな争いやいさかいも事の始まりは「自分は悪くない」という観念です。正当性を主張することで、すでに心は閉じています。

 

私が日頃、いろんなことや人たちを見ていて思うのは、「どこに価値を置いて、何を見るか」だなぁということですね。「不足」に焦点をおくか、「すでにあるもの」に注目するか…、これだけでも毎日の行動は真逆になってくると感じます。私は人を観察することだけに興味があるので、そこをいちいちジャッジすることはしませんし、あえて余計なアドバイスもしません。自分で気づかなければそれはそれで仕方ないし、人は「自分が見たいものだけを見て、生きている」のです。それを聞いてあなたはこんな人間を冷たい人だと思いますか?笑。

 

セラピストの立場からやプライベートな場面から、多くの学びを得て思うのは、「気づき」始めている人たちが増えているということ。感覚的には「二極化」しているように感じます。私は「明るく、軽く、楽しい人生」を送ることがモットーなので、それを実践する人を応援したいし、自分も常にそういう思考でいたいと思っています。シンプルなことをわざわざ難しく考える必要はないのです。何か新しいことにチャレンジする時、「無理」「難しい」と思ってしまうより、「なんだかわくわく」「とにかくやってみたい」という単純な想いを大切にしたいのです。そのための行動や思考の転換のお手伝いを、私はこれからも続けて行きたいと願っています。

 

週末ですが、新しい月の始まりということで、スタート気分は満載です。夏のおわりと秋の始まり、日によって違う季節感を感じられる9月って何だか不思議な感じの月ですよね。ちょっと切なくてシュール、でもほっとするような。私だけかな?

楽しい週末をお過ごしください。お仕事の方はお気をつけて行ってらっしゃいませ。

//