氣の流れが整う場所へ


いつ来ても、浄化される感覚ですっきりします。
永平寺本殿より山門を眺めます。

こんにちは。福井のニュートラルセラピスト 田中ルリ子です。
気づけば6月も数日ですね。一年の半分が
過ぎゆこうとしています。
毎日を悔いなく生きております。

先週は実家から母が来ておりました。福井は何年振りだろ?
今回は初めて飛行機で来てもらいました。お隣の石川県
小松空港まで。んー、それでも遠いね。
首都圏からだと最低でも3時間半。
ジェットも飛んでない、新幹線も来てない、陸の孤島福井、笑。

そんな中の、親子の時間。なかなかおつなものでした。
27年ぶりくらいに、母を永平寺に連れて行きました。
そう、私の結婚式で来福して以来です、びっくり。

当時存命中の祖母が一緒だったため、階段の多い回廊に
途中であきらめて帰ったのでした。今はエレベーターも完備し
ショートカットでお参りできます。母はその頃の祖母に比べれば
めっさ元気ちゃんと歩いて階段ものぼり完全制覇しました。

「永平寺ってこんなにいいところだったのね・・・」と母。
梅雨のまっただ中なのに、晴れ女の面目躍如。さすがです。
母が来るときに雨が降っていた記憶はありません。
吹き渡る風も気持ちよくて、しばし佇みながら歩きます。


境内の一番高いところにある、法堂。
伽藍の細工の美しさにしばし言葉を失って、静かに座ります。
時折、時の鐘が鳴って、雲水さんや各地の僧侶の方々と
あちこちですれ違いましたが、廊下を滑るように歩く
その音だけが厳かに響き、消えて行きます。

永平寺は、雲水さんにカメラを向けないという約束を守れば
立ち入れる場所はどこも撮影OKです。
足を休める途中の長椅子で休みつつも、
母もしっかりした足取り。
最後に、瓦の修復の寄進をして、七堂をあとをしました。

ちょうどいい具合にもお昼の時間になり
門前の車を停めさせてもらったお土産屋さんへ。


おろしそばとわらびもちで、涼しく。さっぱりと行けます。
その後、母のご近所さんたちにお土産のおそばや
ゴマ豆腐などを買って、永平寺を満喫。
その後も福井観光は続きました
私もまたまた旅気分でのんびり。
親子水入らずを味わえました。めでたしめでたし


田中 ルリ子について

サードメディスン認定アドバイザー。ナードジャパンアロマアドバイザー。 現職は13年。サロン開業5年。サービス業歴は空港職員、生花店、旅行会社、温泉施設と案内・接客・販売・営業を渡り歩いております。 「公」は人と接するのが大好きですが、「私」はひとりが好きな一匹狼気質です。 趣味はドライブ、美術館めぐり、散歩。カラダを鍛えることにはまっています。 ライフパス28/10/1 kin41/赤い竜・黄色い太陽 太陽星座・天秤/月星座・水瓶 美意識、自由とニュートラルが人生のテーマです。