おはようございます。
福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。

おととい夜に藤井氏からいつものごとく
「できましたよ~」とメールが届きました。

ラベンダー・アングスティフォリア種の「おかむらさき」
三国のファーム内でも育てるのが難しいので希少です。

6ml入 税込価格2.000円。本年よりやむなく値上げです

今年はそれでも天候に恵まれたおかげで採油の質・量とも
オーナーも自信を持っていらっしゃいました。

香りの特徴としては有名メーカーさんの輸入品よりも
フラットでマイルド。野性味は少ないですがソフトで
優しく薫ります。出来立ては少し青い感じですね。

生育から刈り取り、そして蒸留・製品化までを
すべてオーナー藤井氏が一人で行っています。
これは精油とりをスタートした2009年から
変わらず貫いている方針です。

一人で品質管理できる限界の量ゆえに
シーズン限定50本であり、他の業者さんとの兼ね合いも
あるので、当サロンはいつも20本くらいまでの割り当てです。今回は少し多めに購入しましたが昨晩のリクエストで完売しました。ありがとうございます。

追加注文も今朝からいただいておりますが
発送は月末になりますことご了承いただき
ご希望の方はFBメッセージもOKです。

ちなみにラベンダー芳香蒸留水は十分在庫あるそうなので
ご希望の方は合わせてご注文くださいませ。
画像のものは500ml 1.000円(税込)です。

すっかり丸坊主の昨日のファーム。
除草剤を使っていないのでシーズンオフはこんな感じ、笑。今年もたくさんの人を楽しませてくれてありがとう。
お疲れ様でした<(_ _)>

おはようございます。
福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。

昨日三国ラベンダーファームのオーナー藤井氏から
「おかむらさき」ラベンダー精油が出来上がったとの知らせを受け取りました。

(去年の買い付けの様子)

本日13日午前中に行ってまいりますが
明日以降のご注文は19日以降の発送となります旨
お急ぎの方は今日11:00までにメッセージくださいね。

毎年楽しみな香り♪ 今年はどんな感じでしょう?
今回はラベンダーファームでお手伝いもさせていただいた
ご縁もありで、思い入れは格別です(*^_^*)

6mlサイズで送料込・2.000円で発送いたします。
(ラベンダーウォーターご希望の方は応相談)

ご希望の方はこちらのフォームからどうぞ。
その他連絡先に「おかむらさき 〇本希望」とお入れください。追ってご連絡いたします。

ご入金確認後の発送となりますので
しばらくお待ちくださいませ。

☆「おかむらさき」精油とは?
開園当時に北海道富良野から苗を取り寄せて育て上げ
福井県三国町の土地で根付いた
ラベンダーアングスティフォリア種(真正ラベンダー)の
エッセンシャルオイルです。

かぐわしく豊かで優しい香りに多くのファンがいます。
毎年限定販売なのでお早目にどうぞ♪

おはようございます。
福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。

昨日の超ド級のにぎわいから一転して、笑。
静かな朝を過ごしています。

一昨日BS朝日で放送された、たけしさんの健康番組の再放送。
認知症予防に関する情報により、勤務するアロマショップは
いきなりの超多忙に見舞われました。

つくづくテレビの影響は凄いなと実感です。
それだけ認知症への関心度が高いということですね。

三年前の本放送により、一部の世界でのアロマが
市民権を得たといっても過言ではないでしょう。
その利用方法の説明も三年前に比べれば昨日は
それほど大変ではありませんでした。

アロマテラピーを愛する人間からすれば
ありがたいことだと思います。

そして6月は心から自然に畏敬の念を抱いた一か月でした。

長い付き合いのオーナーからの電話で
「田中さん助けて欲しいんや~」と。
「よっしゃ任せとき」と応えながらも一抹の不安もありました、笑。
(終わった後に言う!!)

自然とともに生きる。
言葉はシンプルですが、こんなに過酷で大変なことはありません。

雨風しのげる快適な空間でしか働いたことのない私は
未経験に近い現場で心が折れそうになったり
引き受けたことを後悔したり、笑。

たった11日間のお手伝いごときで何かが語れるほど
私は何もしていませんが、
少しだけ本当にほんの少しだけ
農業を生業にする方の精神のあり方を間近で
見させていただけたことがとても貴重でした。

自信を持って謙虚に生きている藤井さんご夫婦の
27年目に入ったラベンダーファームです。
「続けていくこと」の偉大さをひたすら尊敬します。
ありがとうございました。

私のお手伝いの最後の仕事。
ラベンダーは無駄にするところがひとつもありません。

1985年にラベンダー精油に出会った私。
18年前の哀しくてつらかった義母の闘病中も
病室で漂わせていたのがラベンダーの香りでしたし

4年前の最愛の妹との別れの際も
遺品整理をしながらの一人の夜に助けになってくれたのが
私が以前妹にプレゼントした藤井さんの精油でした。

これからもラベンダーと、そして精油とともにありたい。
そう思わせてくれた11日間でした。

こんばんは。福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。
いきなりの画像。お気に入りのマイ作業軍手 紫バージョンです。

さて残すところ今日をいれてあと二日となりました
三国ラベンダーファーム仕事。

ご来訪のピークは過ぎ、ここからはひたすらの作業が中心となる
ラベンダー仕事です。

計量したひとまとめの全草を下処理します。
これはラバンジン系のインプレスパープル。
ラバンジンとはポピュラーなアングスティフォリア種(真正とかトゥルーなどと言われますね)とスパイク種の交配です。
比較的暑さに強く、背丈も高くまっすぐなので
ドライにすると見栄えがします。

画像のように板にはりついた釘の間にこすりつけて
下葉を落とすのですが、この時に何とも言えない芳香がたち
見学の方も思わず足を止めます、笑。

この板、実はオーナーの師匠、北海道富良野の富田ファームさんで
していたものと同じ方式です。使いやすく考えられていますね。

ゴムで束ねたものを端からオーナーが棒に吊り下げて
ファーム内の二つのログハウスの天井にセットして行きます。
シーズン終わりにはもうむせかえるほどのドライの束が出来ますよ。
作業をつぶさに見ていた見学のお客様も声を上げていました。

同時進行で朝早くから水蒸気蒸留法で精油と芳香蒸留水づくりも。
ステンレスタンクには7キロのラベンダー全草が入ります。
この工程は一日に2回から3回繰り返されるのが常です。

私が以前取材させていただいたブログがありますので
そちらをどうぞお読みください<(_ _)>
もうラベンダー愛がハンパない、藤井オーナーなのですよ(^○^)

私は少し寝不足もあって今日は途中からカンファー臭に酔い、笑。
尋常ではない眠気で、帰り道の途中に仮眠休憩をとる始末…。

いよいよ明日は最終日です。まったくもってあっという間でした。
今日は早寝して明日に備えます。