「おもてなし」を受けて自分にも優しく☆

昨日書店で購入した二冊。欲しいと思った本はなるべく買って読むようにしています。昨日書店で購入した二冊。欲しいと思った本はなるべく買って読むようにしています。

おはようございます。福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。生ぬるい風が吹いています。湿度も高い、気圧も低い~、何故なら私のあたまの付け根のセンサーがそう言ってるから、笑。気づけばもう8月も最後の日なんですね。季節が変わるとき特有の天候の変化がありそうです。

 

さて昨日は外出した合間に、ちょっと書店に寄りました。時間調整は書店かカフェ、笑、の私ですが、ふらり~と店内を一通り見て、目に留まったのは画像の二冊でした。もう一冊、林真理子さんの本も欲しかったけど、今回はこの二冊のみで。昨夜から少しずつ読み始めています。

 

自覚済みなのですが、自分の中にはブームがいろいろ起きる時があります。今は「自分が自分におもてなし」がマイブーム、笑。…もともと職業柄サービス業畑を歩いてきたので、とても気になるメソッドではあるのです。今の私はお客様の体を楽にする癒しというよりも、「ホスピタリティという時間」を提供する意識のほうが強い気がしています。何かを施すというよりも、味わっていただくために与える~というか。うまく言えませんが、笑。

 

自分が少し優しくされたいな、と思った時、私はよくホテルに行きました。若い時はそのサービスの勉強を兼ねて、少し背伸びして宿泊したり、食事をしたりすることで体感して学んでいたのです。まだ両親が健在だった子供のころ、夏の間はずっとある場所で過ごすのが恒例になっていて、そこに勤めるスタッフの方々がとても親身に接してくださっていたことや、超多忙で休みの取れない父がたまに早く帰宅して、家族をホテルの最上階のレストランに連れて行ってくれたことなど…。

 

子どもの頃は将来のことなど何も意識せず、のびのびとその空間で遊んでいただけでしたが、今になって思うと、そこで「大切にされていた感覚」はずっと心地よい想い出として残っていますし、今の自分の生き方や仕事内容、そして人との付き合い方などにも反映されているように思います。

 

皆様にとって心地よい、優しい空間や場所はどこですか?何かを大切にするために、自分にきちんと優しくすること、そこに投資するのもたまにはいいのではないかと思いますよ。目に見える物もいいですが、見えないものの中にも大切なヒントは隠れていると思います。

 

週末のお天気が気になるところです。備えは充分に、今日もお気をつけて行ってらっしゃいませ。

//

//


田中 ルリ子について

サードメディスン認定アドバイザー。ナードジャパンアロマアドバイザー。 現職は13年。サロン開業5年。サービス業歴は空港職員、生花店、旅行会社、温泉施設と案内・接客・販売・営業を渡り歩いております。 「公」は人と接するのが大好きですが、「私」はひとりが好きな一匹狼気質です。 趣味はドライブ、美術館めぐり、散歩。カラダを鍛えることにはまっています。 ライフパス28/10/1 kin41/赤い竜・黄色い太陽 太陽星座・天秤/月星座・水瓶 美意識、自由とニュートラルが人生のテーマです。