勝者か敗者か?共感の世界観。

image-勝者か敗者か?共感の世界観。 | ニュートラルサロンLAPIS

//

おはようございます。福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。今朝は冒頭の画像のように雲が空を覆っていました。そう、晴れ渡った空もあればこんなどんよりな日もある。人生と同じですね、あっちょっと胡散臭かったかな?笑。

 

連日オリンピックで熱戦が繰り広げられていますね。私は全く観戦していないため、どこか冷めた目線になっていることはお許しください(^_^;)自分のことで現在精一杯なので、他者を応援するところまで余力がないのです。なにこの人!!と思ったあなた、正解です。人は自分が共感する世界観でものをとらえていると思います。それでOKだと思いますよ。

 

華やかな舞台で活躍する人を寝る間も惜しんで応援するのは素晴らしいことだと思います。私も親しい人や身内が選手として出場していたらきっとそれこそ大応援団でもひきつれてリオに出かけかねない暑苦しい人間です。

 

ただ同時に、その反対側にある世界にもとても興味があります。いやむしろ、今日も地道に誰にも注目されずとも、黙々とグラウンド整備から始めているどこかの高校球児に思いをはせるところがあります。

 

常に光と影は一対だと思っていますし、華やかさの裏側の醜い世界も、まだまだつたない人生経験の中ながら思い切り味わってきています。一方からだけ見て決めつけることの危うさは、常に意識しています。かつて自分もそれで選択を誤った経験があるからです。

 

注目が集まり応援される人の後ろ側には、戦いに敗れはしたものの、けっして諦めることなく日々コツコツと次の目標にあゆみを始めている人たちもいます。その場所ではたとえ負けたとしてもそこから這い上がり、再チャレンジしていく人たちもいます。

 

そういう人たちを私は応援したいとつい思ってしまうんですよね。おそらく自分も逆境から這い上がる体験が多かったからより共感してしまうのかもしれません。

 

いろいろな意味で試練の8月、笑。まずは「己」の軸をしゃんと整えていきましょう~。これは自分に言い聞かせていますよ(^_^;)今日もお気をつけて行ってらっしゃいませ。