盲点や驕りを払拭するために

昨年暮れと今年の松の内にお参りに行ってきました。初心を忘れず一年を過ごすための誓いを立ててきました。昨年暮れと今年の松の内にお参りに行ってきました。初心を忘れず一年を過ごすための誓いを立ててきました。

おはようございます。福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。今日は11日、鏡開きですね。地方によっては日にちが微妙に違うところもあるようですが、一般的にはこの日にお飾りをはずし、鏡餅は割ってありがたくいただく…という風習です。今は便利な真空パック式のものがありますので、簡単に取り出しておしるこにして食したりできます。一年の健やかな毎日をお祈りしながら美味しくいただきましょう。

 

さて気が付けば1月ももう半ばに入ろうとしていますね。ぼんやりしていると、本当にひと月があっという間に過ぎ去ってしまい、気づけばこれまた年末…(気が早すぎ、笑)となりかねないので、ことあるごとにカレンダーを見て、日付の確認をする最近です。とみに年を重ね、時間の感覚スピードが倍速モードなので、時々確認しないと日付も曜日も忘れてしまうというボケっぷり。

 

過去に立ち返ってあれこれ悩む、という思考はあまり私にはありません。昔の記憶は恐ろしいほど風化していまして、新しいことを覚えるスペースを作り出すために、昔の記憶を消しているんじゃないか疑惑?というキャパの狭さゆえ、よく言えば都合の悪いことはすべて忘れています、笑。しかしそれでも気を付けているのは、「本当にそれでいいのか?」「思い込みなんじゃないのか?「なぜそんなに強く反応するのか?」という自問です。これは要所要所で行うようにしています。

 

まわりの同年代の友人をみていると、経験・知識・年の功がすべてだと信じて疑わない人たちがいます。確かに豊かな経験は貴重なものですが、そこに固執してしまうと「…あるべき」「…ねばならない」という押し付け的な正義感が発生してしまうのです。私も子供の親ですので、ついついそのような口調で子供を叱るときがあり、猛烈に反発されてかなり自分の盲点や思い込みを痛感させられます。若い人には若い人なりの言い分があり、それを真っ向から否定して抑え付けたりすれば、一瞬にして心は閉ざされてしまいます。私も若いころはその口でしたので、今でも押し付けがましいアドバイスや教訓などは自然とスルーします、笑。

 

常にフレッシュな思考を保つためには、定期的なインプット作業が必須です。今週末はワタナベ薫さんのセミナーを受けに、名古屋まで出かけてきます。一年のスタートにふさわしいこの時期に、薫さんセミナーで初心あらたにする行為、身が引き締まるとともに、ワクワクする感覚が自然と湧いてきます。学ぶ姿勢を忘れずに、今年もしっかりと一歩一歩進んでまいります。

 

みなさまはは明日から再び三連休ですね。寒さ厳しい折ですので、お出かけの際は温かくなさってください。今日もお気をつけて行ってらっしゃいませ。

//

//


田中 ルリ子について

サードメディスン認定アドバイザー。ナードジャパンアロマアドバイザー。 現職は13年。サロン開業5年。サービス業歴は空港職員、生花店、旅行会社、温泉施設と案内・接客・販売・営業を渡り歩いております。 「公」は人と接するのが大好きですが、「私」はひとりが好きな一匹狼気質です。 趣味はドライブ、美術館めぐり、散歩。カラダを鍛えることにはまっています。 ライフパス28/10/1 kin41/赤い竜・黄色い太陽 太陽星座・天秤/月星座・水瓶 美意識、自由とニュートラルが人生のテーマです。