相手も自分も尊重する方法

昨日は一日、コミュニケーションの方法論のお勉強をしてきました。座学は忍の字の私です、笑。昨日は一日、コミュニケーションの方法論のお勉強をしてきました。座学は忍の字の私です、笑。

おはようございます。福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。

今朝は気温は高めですが、風が思いっ切り強いです。お天気崩れるのかなぁ、冬の気配が漂っているここ福井です。みなさまの地域はいかがですか?

 

昨日、福井県生活学習館ユーアイ福井にて一日講座を受けて参りました。これは2008年に私が、「女性のための創業塾」という講座を受講して以来、毎月メルマガにてお知らせをいただく、キャリアアップ応援講座の一環です。興味深い内容の講演会やセミナー、講座などが毎回企画されていて、料金も格安であり、利用者がとても多くて、早めに申し込まないとすぐに埋まってしまうという市民講座です。

 

今回もシリーズものだったのですが、日程調整に手間取って、申し込みがギリギリ。ゆえにシリーズの後半部分しか受講できませんでした。講師は石川県在住の吉野ゆかり氏。EQジャパン認定EQトレーナー/プロファイラーです。要はコミュニケーション学のプロフェッショナルですね。EQというのは「エモーショナル・インテリジェンス・クォーシェント」…対人関係能力指数であり、「感情をうまく管理し、利用できることは、ひとつの能力である」という理論です。有名なアメリカの大学の博士二人が研究して提唱する、対人関係の質の高さはどんなところにあるのか?というものです。

 

私が受講した「アサーティブ・コミュニケーション」とは何ぞや?となるのですが、簡単に言ってしまえば「NO」と言えるコミュニケーションのことです。これはやみくもにわがままや強気の論理で行く超ポジティブ思考のことでは決してありませんよ。もともとはアメリカやイギリスから来ている対人関係論なのですが、大切なのは「相互尊重の自己主張」をいかにしてするか?ということなのです。

 

日本人はもともと「相手の立場を慮る」という点ではとても長けている人種だと思うのですね。ただその「空気を読む」能力が優れ過ぎていて、いざ断る場面や誤りを指摘するということになっても、自分を押し殺し、相手に合わせ過ぎてしまい、ストレスを抱える…というのが問題になります。職場・学校・地域のコミュニティ・家族…、さまざまな人間関係の渦の中で、断るチカラを持っていないと、自分をないがしろにしてしまうことに苦しむ毎日となってしまいます。

 

こんなことを言ったら嫌われるかな?とか業務命令だから逆らえない・・とか、一方的な考え方で自分をつぶしてしまうことなく、相手を思いやりながらも、自分の主張をうまく伝える手段として、アサーション権という項目を細かく学びました。ビジネスの現場でのセクハラ・パワハラなどに悩む人々への救済もこの権利には含まれています。全部で10個ほどの項目があるのですが、ここに書くと長くなるので、「美的発信ナビゲーション」のブログで詳しく記しますね。

 

アサーション権を踏まえて次に、実際にロールプレイで実習をしたのですが、コミュニケーションの基本「聴く力(傾聴)」のテクニック、そしてDESC法と呼ばれる相手へ伝えたいことを4つの方法で整理して伝えるやり方の実践も、二人一組のペアや4人グループで練習するというのをやりました。ちょうどお昼が過ぎて、眠くなってくるころに実習で、おかげで眠気も飛び、笑、和やかな中にも時間を意識して・・・といい実践になりました。

 

このような講座に自らすすんで出席されるという方は、2パターンに分かれますね。まさにその悩みの渦中にあって、何とか改善したいと望んでいる人、職場のリーダー、もしくは相談員としての立場から学ぼうとしている人。私は?と言うと、客観的観察人、笑。いやいやとっても勉強になりました。この講座は女性のキャリアアップを目指すものなので、参加者はオール女性でしたが、職場での男性上司・部下・そして後輩との人間関係に悩んでいる方がとても多いと知りました。男と女の脳機能の違いから来るギャップなども、雑談の中から探れたりして、私としてはふむふむふむ・・・参考になることばかりです。

 

セラピストは主に、傾聴に徹する場面が多いですが、時にコンサルテーション、カウンセリング能力が必要とされる時もあります。お相手(お客様の)の立場を尊重しながら対応する、というのは基本中の基本であり、これが仕事の全体を締めると言っても過言ではありません。施術だけがミッションではないんですよね。ボディワーク系のセラピストは、まさしく体に直接触れるコミュニケーションですので、からだの声を聴く…ということを自然と行っているわけです。お客様の日常生活での改善点、食生活、行動様式など、伝えにくいことも明確に指摘して、気づいていただくために、「アサーティブ」な会話が必然となります。

 

普段当たり前のように行っている‥と思っていても、いつのまにか独りよがりになっていることも否めません。常に自分を客観視するためには、まなびは大事ですねー。ただ、じーーっと座って聴く講義はしんどい・・・笑、これも訓練ですな。

 

今日はお天気荒れそうですね。10月最終日曜日、どうぞ満喫なさってください。お仕事の方、お気をつけて今日も行ってらっしゃいませ。

//

//


田中 ルリ子について

サードメディスン認定インストラクター。ナードジャパンアロマアドバイザー。リフレクソロジスト。2005年より活動。2012年当サロン開業。サービス業歴は空港職員、生花店、旅行会社、温泉施設と案内・接客・販売・営業などを経験。 活動スタイルはコミュニケーション能力高めの一匹狼フリーランス。 趣味はドライブ、美術館めぐり、散歩やウォーキング。ライブ鑑賞。 ライフパス28/10/1 kin41/赤い竜・黄色い太陽 太陽星座・天秤/月星座・水瓶 人生のテーマは美意識、自由とニュートラル。