笑顔は最大の良好コミュニケーション術

いよいよ本日開催です。磨き愛セミナー。ご出席のみなさま、お気をつけていらして下さいませ。いよいよ本日開催です。磨き愛セミナー。ご出席のみなさま、お気をつけていらして下さいませ。

おはようございます。福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。昨日は冬至でした。一年で一番夜の長い日。昨日の朝のウォーキング時はすっかりそのことを忘れていまして、いつも通り音楽をガンガン聴きながら歩きました。今日からは少しずつ朝も明るくなっていくのですよね。

 

本日はピュアスタイル磨き愛セミナー第一回、~しあわせな女性の生き方~「あなたの笑顔がまわりをしあわせにする♡」を開催いたします。10時半スタートの2時間セミナー、内容もりだくさんで、あっという間の時間になると思います。講師の木村麻子さんは県内外で沢山の方と向き合いセッションをしてきたセラピストです。ハートフルで経験値豊かな麻子さんのレクチャーと、参加者のみなさまとの交流会を兼ねたトークセッションを予定しています。初めましてで面識のないお方もいらっしゃいますが、きっと会が終わるころには、みなさん和気藹々と仲良しになっていることでしょう。

 

たとえば日常生活での家族の核となる母親の存在、職場での女性の位置。「職場の花」というたとえもありますが、やはり花=華であることは昔も今も変わりません。何かの番組の実験の様子を見たことがありますが、お店に二人の店員さんがいて、それぞれ男性と女性1名ずつが立っています。レジに来るお客様が無意識にどちらを選ぶか…というもので、男性はまず100%に近い割合で、女性の店員のレジへまっすぐ進んでいました。お客様はそれが実験であることは知らされていず、「なぜ男性の立つ方へ行かなかったのですか?」と店の外で聞かれ、「?え?何でだろう…?」とみなさん、首をひねっていました。

 

その女性店員さん、満面の笑みだったのも効果ありだったと思います。私は接客業を長いことしてきましたが、アイコンタクトの重要性と笑顔は最大のウェルカムだと学びました。時々目を合わせることもなく応対する店員さんがいると、あー、何だか歓迎されていないな…と感じます。本人は無意識だと思いますが、目を合わせて話を聴くという行為は、それだけで「承認された」と認識して、安心感を覚えるものなんですよね。

 

そして「声掛け」の重要性。目を合わせて笑顔、そして「どうしたの?」と聞く母親のひとことで、子供たちは安定しますし、お母さんがいつも笑っていてくれれば、子供たちはそれだけで嬉しい。私も母親として過ごしてきた時間が長いですが、こちらは普通にしているのに、「どうしたの?元気ないね」と子供の方から言われることが結構ありました。気が付くと、眉間にしわを寄せていたのです。真剣に家事をしていたり、考え事をしていただけなのですが、その険しい表情に子供たちが敏感に反応していたんですね。ふと、我に返り、「あ、ごめんごめん。何でもないよ」と笑うと、子供たちの顔もパッと明るくなって「よかったー」と納得。

 

笑顔が最大の良好なコミュニケーションであることは一目瞭然です。皆様が心から笑える一年であるようにと願っています。今日から楽しいクリスマス休暇…と言う方も多いでしょう。温かくして、今日もお気をつけて行ってらっしゃいませ。

//

//


田中 ルリ子について

サードメディスン認定インストラクター。ナードジャパンアロマアドバイザー。リフレクソロジスト。2005年より活動。2012年当サロン開業。サービス業歴は空港職員、生花店、旅行会社、温泉施設と案内・接客・販売・営業などを経験。 活動スタイルはコミュニケーション能力高めの一匹狼フリーランス。 趣味はドライブ、美術館めぐり、散歩やウォーキング。ライブ鑑賞。 ライフパス28/10/1 kin41/赤い竜・黄色い太陽 太陽星座・天秤/月星座・水瓶 人生のテーマは美意識、自由とニュートラル。