自らを取り戻す場所はありますか?

今朝のウォーキング道中にて。雨に濡れていきいきとした花壇にこころがほぐれます。今朝のウォーキング道中にて。雨に濡れていきいきとした花壇にこころがほぐれます。

おはようございます。福井市ニュートラルサロンLAPISの田中です。今朝は軽くもやった霧の中を歩きました。雨の上がった後の独特なにおい。少し湿り気を帯びていて、のども楽な気がします。雨も自然の恵みだと思うと、ありがたい気持ちになりますね。

 

最近の私は意識して、少し情報を遮断するようにしています。自分が思う以上に、さまざまな情報に晒されているんですよね。知らぬ間にとりこみすぎて、疲れを感じていました。自分がどのような状況になると、疲労やストレスを感じるのか?ちょっと気を付けてみることで、ニュートラルな状態に戻りやすくなりますね。

 

ネット社会が普及して、たくさんの人が発信者になっている今、まぎれもなく私もその一人なのですが、その取捨選択には思い切った決断も必要になると思います。私はその辺は昔からはっきりしていて、自分にとって有益ではないことはさらっとスルー、笑。知っておくべき出来事やニュースも一応目にはしますが、あまり落とし込まないことが多いです。はっきり言って、興味が湧くトピックや関心事が限られているので、すっと身をかわしてしまいます、笑。

 

中には何でも「知りたがり」の方もいますね。それはそれでいいと思いますし、ただその得た情報を安易に押し付けられることは迷惑なので、すたこらさっさと逃げます、笑。子ども達が小さかった頃、親同士のつきあいでのもめごとは、殆どがこれでした。こんな私でも渦中に投げ込まれたり、巻き込まれたりしました。ストレスフルだったその頃、夫の存在が有難かったですね。「そんな奴は、しょせん暇なんだよ。ヒマジンを相手にしてるヒマはないない」こんな時は男性の目線が、視点の転換になり、助けになりました。

 

行き詰った時は、多分視野が狭くなっているのだと思います。世界も狭まっている。下ばかりみているかもしれません。誰かの強い意見に、自分軸がぶれているのかもしれません。個人差があるかもしれませんが、そんな時はわたしは「ひとり」になることを選び、自然へ足を向け、新鮮な空気を吸いに行きます。森の中、眼前の海、広がる山並み、草原の風。そのような所へ行くと、もうそれだけで良くなる、笑。鎧のようにこびりついた何かの塊はもう抜け落ちています。自分よりもはるかに大きな存在の場所へ行くと、圧倒的な「守られている感覚」が戻ってきます。そしてまた「よし」と一歩を踏み出して行ける気がするのですよね。

 

何かにとらわれ過ぎている時、そこから視点をずらすことが出来る場所や現象を、普段から確保しておくといいですね。賑やかな雑踏の中がいい人や、大勢の仲間とわいわい過ごすことで素に戻れる人~さまざまだと思います。大型連休は、そんなリフレッシュな空間に身を置いてみるといいかもしれませんね。今年はどう過ごしましょうか?それを楽しみに今日もお気をつけて行ってらっしゃいませ。

 

 

 

 

//

//


田中 ルリ子について

サードメディスン認定アドバイザー。ナードジャパンアロマアドバイザー。 現職は13年。サロン開業5年。サービス業歴は空港職員、生花店、旅行会社、温泉施設と案内・接客・販売・営業を渡り歩いております。 「公」は人と接するのが大好きですが、「私」はひとりが好きな一匹狼気質です。 趣味はドライブ、美術館めぐり、散歩。カラダを鍛えることにはまっています。 ライフパス28/10/1 kin41/赤い竜・黄色い太陽 太陽星座・天秤/月星座・水瓶 美意識、自由とニュートラルが人生のテーマです。